バリアフリー / 目次

  • 2001年4月20日:作成
  • 2018年10月6日:全面改訂
はじめに
(必須社会インフラとしてのインターネット)
(新たな情報弱者の発生)
通信環境
回線速度 (光は世界を結ばない)
SSL通信 (非対応環境の存在)
プラットフォーム
ハードウェア (22.4%はモバイル機器)
Windows (Windows XPが10.2%残存)
ブラウザ (レガシーブラウザが10~15%存在か?)
ITを得意としない閲覧者
ページのデザイン (作成者の常識≠閲覧者の常識)
サイトのナビゲーション (IT以前の“全体構成”が問題)
ハンディキャップユーザー
視覚障害
聴覚障害
肢体障害
注意力・集中力の欠如
ロボット (一番の情報弱者)
最後に
(公的サイトの悲惨な現実)
(個人サイトの重要性)
(バリアフリーに付いて考えて見ませんか?)

項目の目次に戻る サイトのトップに戻る